PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プルさんが「私の愛犬」になった話。その3。

今日も熱心にガウガウしあうプーキューを見ていたら、
若干ではありますが巻き添えに・・・。

こんにちは、PQです。

キウイが熱心にウシャー!とプルさんのお耳や首のたるっとしたところに
くらいつくのでひやひやしてます。
でもプルさんたら天才的な上手さで相手をしてくれてます(親バカです、はい)。
あんまりプルさん噛まないでね、とキウイに言いながら手を上下に
ひらひらさせたらなぜかプルさんのお口が飛んできました。

食べないでください・・・。


今日は
プルーデンスとの出会い。その1
プルーデンスとの出会い。その2
プルさんが「私の愛犬」になった話。その1。
プルさんが「私の愛犬」になった話。その2。

の続きのお話です。


th_CIMG1986.jpg
キ  また兄たんのお話でしゅね。ぐーーーー

ちょっと待っててね、キウイ。



ランキングバナーをポチッとお願いしますね!!!
↓↓↓
FC2ブログランキング
ポチッとしたら続きをどうぞ♪


プルは耳の付け根の出来物を切除しました。
場所が耳のところだったので、全身麻酔になってしまいました。

手術後、その日のうちに退院。
旦那さまと二人で迎えにいって、一緒にお家へ帰りました。
プルさんはまだ麻酔が完全に切れていないようで、
いつもと違ってふわふわした歩き方をしていました。
自分でも「あれ?」と思っているようでした。

th_SANY0819.jpg
現在は力強くテケテケしてます!



そして、切除した細胞を調べてもらったところ、


幸いな事に、




良性でした。

肥満細胞腫ではありませんでした。


診断が出た日、ショックで泣きました。
手術の日、預けた後、不安で泣きました。
手術を終えて帰ってきてくれて、そして悪性ではないと言われ、
嬉しくて涙ぐみました。


今回の3回に分けた記事で結局なにが言いたいかというと、
可愛いから飼うというだけではなく、
かけがえのない命に対して責任を持たなければいけない、
という当たり前の事に気づいたということです。
はっきり意識した、ということです。

プルーデンスにたくさんの事を学ぶ毎日は、
想像以上にとても楽しい毎日でした。
今でもとっても楽しいです♪ヽ(´▽`)/



th_SANY1041.jpg
プ  弟も出来ましたしね♪



後で調べてみると、肥満細胞腫は犬・猫に多く、
犬では皮膚腫瘍中では最も多い腫瘍なのだそうです。
平均して9歳の老齢犬に発生が認められ、
犬種では雑種やボクサー、ゴールデンレトリーバーに多いようです。
そしてもちろん、ラブも。

プルは即手術でしたが、インターネットで調べると
「確定診断をしてから手術をするので、手術前に診断を付けるために
生検(バイオプシー)をまず必ずやる」と書いてあるものもありました。
「肥満細胞腫だとかなりしっかり周辺の細胞も取ることになるので、
そのためにはっきりと診断を付けておくのだ」
というようなことが書かれていました。
いろいろな場合があるようです。
※肥満細胞腫に関して、私は教科書を読んだり学んだりしたわけでは
ないので、細かい事は書きませんし書けません。
獣医師ではないのでその辺りはよくわかりません。
病気に関しての部分は参考程度にお読みください。



私は毎日のようにプルの体をなでて何も出来てないか
気にするようになりました。
おかげさまで(?)最近は私をとっても好き好き~
言ってくれているようなプルさんなのです。

そうなったのも、この悪性腫瘍騒動があったおかげだと思います。
きちんと向き合うきっかけがあってよかった。
きっかけで済んでくれて、闘病生活にならなくて、本当に良かったと思います。

いまはとっても元気です!

こうしてプルと私の関係は旦那さまを介した関係から

お互いが向かい合った関係に変わりました。






おしまい。



プルさん元気で良かったね!のクリックお願いしま~す☆
FC2ブログランキング
文章メチャクチャでごめんなさい(汗)

| 大切な事。 | 23:00 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

愛犬と正面から向き合うって簡単なようで難しいですね。
私は生まれた時から犬のいる環境なので、何も考えずに今日まで来ましたが、プルさんとの出来事を読んで、私はちゃんと向き合っているんだろうか…って思いました。
プルさんの腫瘍、良性で良かった~♪
この前のコメにも書きましたが、2代目ワンのひかるを皮膚癌で亡くしています。
だからPQさんが毎日プルさんの身体を撫でる気持ち、すっごい良く解ります。
私もゆきちゃんやふぶき、タイガのボディーチェック、執拗にやりますもん(^_^;)
大きな事件だったけれど、PQさんとプルさんが家族になれた…今ではとっても良い思い出なのかも知れませんね♪
いつまでも仲良し家族でいてください。

さ、次はキウイ皇子の番かしら(^O^)ワクワクワクワクw

| かおり | 2007/10/23 23:10 | URL | ≫ EDIT

ほんと普通に生活してると、この子が病気になったり、死んじゃったりすることもあるなんて思いもしないけど、危険はいつもそばにありますよね。。
私も、病気や死が訪れることなんて何年も先だと思い込んでいたポチオ犬があの年であんなことになったので、ポタンにはいつも覚悟を決めてというか、全てを含めてきちっと向き合わないとと思うようになりました。

とはいえ、この子もあと10年とか15年したら居なくなっちゃうんだ…と思うと、それだけで号泣しちゃいますが(涙)。

プル君、PQさんと出会えてよかったね♪てホント思えたプル君特集でした♪

| クリコ | 2007/10/24 11:39 | URL | ≫ EDIT

PQさんやプル君にとっては、いろいろ辛い出来事でしたね。
でもそのお陰で今はこんなに絆が強まったんですもの!
この世の中に「無駄なこと」なんてひとつもないんだと
改めて思います。(また話が飛躍気味・・・^^;)

守るべきものができると、人は強くなれるんですよねー。
私なんか、わんこの他にも二児の母になって、
もう図々しいオバサン街道まっしぐらですよ。^^;
でも命を預かるってことは、同時に大きな責任を伴うものですものね。
私もPQさんのように、毎日ボディチェックしてあげなくちゃなー。
毛玉チェックは毎日してるんですが(笑)

| くろ母 | 2007/10/24 13:59 | URL | ≫ EDIT

色々な事を分かち合ってこそ、絆って強くなるよね!
今度からここに遊びに来る時は、今までと違った気持ちで記事を読めそうです。
ありがとう~!

| Lotty Family | 2007/10/24 17:18 | URL | ≫ EDIT

大切なこと

ショックなことの連続だったのに、その経験を糧にして
前向きにワンコと向き合おうと考えられたPQさん。
えらいなと思います。
大きなショックであった出来事を振り返って記事を書かれたこと。
今、プルくんととっても良い関係であるからできたんですね。
ペットブームにのって安易にペットを飼う前に「命に対して責任持つ」ことができるのかちゃんと考えるのは本当に大切なことですね。

昔、実家で飼っていたワンコを乳癌で亡くしました。
当時は薬も良くなかったのか?
闘病生活は見ていられないくらい可哀相なものでした。
乳頭の異常に最初に気がついた私でしたが、そのときには
既に手遅れ。
なぜもっと早く気がついてあげなかったんだと後でとても後悔しました。
定期的なボディチェックは重要です。
そのワンコの体の正常な状態を知っていればこそ早く気がつけるわけですから。。
私も当時のことを思い出したので今のワンコのチェックはちゃんとしてあげなくちゃ!と改めて思いました。
いろいろと勉強になりました。
どうもありがとうございます。

| ひなたぼっコ | 2007/10/24 21:17 | URL | ≫ EDIT

ほんと、勉強の連続ですよね。何か起こる、調べる、確認する、共に行動する。。。
大変な面もあるけど、そのお陰でどれだけ豊かな生活を送らせてもらっているか、本当に私も犬たちに感謝です。

PQさんがプルさんに寄せる強い思い、その意味を垣間見せていただけて、なんか素直に嬉しいです。
これからもプルさんとキウイくんと、そしてパパさんと、共に経験してさらに絆が強く深くなっていくのってステキですよね。

プルさんのポッチリが良性で本当に良かった。
それにしてもおっかない先生ですね~(汗

| つゆ | 2007/10/24 23:03 | URL | ≫ EDIT

お若いのに・・。

PQさん お若いのにいろんな経験をされてー(ってあんたは
いったいいくつのオバサンなんだよ~ってねぇ^^;)
ブル君から教えてもらったブル君と家族のための大きな
教えだったんですね。

にしてもドクターさんのお言葉・・つ、強いですね!!
歯を見せる=首を狙って殺・・・ってところはちょっと
うなづけない気もします。。。
自分を守る為に 見せた抵抗の歯だったんだと思います。
ビビリ犬ちゃんたちに多いですよねー自分を守る為の威嚇・・エルもあるお方に見せたことがあります。

大きなお方だったんで そのあとしっかり絞られて・・・
反省し 教えられてましたけど。。
PQさんが書いてらっしゃる通り不安で不安で恐くて恐くて仕方なかったんでしょう。
もぅ自分でコントロールできないところにさしかかってしまっていたんでしょうね。だから 自分を守る為に・・・
それを 首を狙って殺・・ってのは絶対反論したいです。

確かに「かわいい」だけで迎えてしまった哀れな人間たち。。だからといって 手放そうとする人間共!
そんな人間たちに PQさん広くこのお話を聞かせてやってほしいです。。
ブル君悪性でなくって良かったね♪

お友達のゴル君 12歳で悪性リンパ腫で亡くなりました。
ものすごい大きな手術を受けられて その後5年も頑張ってたんですよ! これはある意味完治したといってもいいのかもしれないですよね~。
自分の子達にもいつ訪れるかわからないことですよね・・
落ち着いて しっかりと対処してあげたいけど・・・やっぱり無理かな・・・(;;)

| エルマ | 2007/10/24 23:06 | URL | ≫ EDIT

かおりさん♪

そうですね。正面から向き合うって難しいです。
多分、私は今まで犬との生活がなかったから、余計に心配なんです。
これでいい?って。
いつもプルさんに教えてもらっていると思います☆
かおりさんから見たら、何してんの~?!って感じの
情けない飼い主かも知れません。。。。

とってもとっても大きな事だったけどおかげでプルと向き合えて
仲良し家族になれてしあわせですv-238

次はキウイの番?!
あ。違う記事書いちゃった(-∀-)

| PQ | 2007/10/25 01:14 | URL | ≫ EDIT

クリコさん♪

うちの犬に限って、またうちの家族に限って、と思いがちですよね。
クリコさんはお空のポチオ犬くんのことがあったから、
ポタン君への覚悟、しっかり出来ているんですね。
見習います。

>とはいえ、この子もあと10年とか15年したら居なくなっちゃうんだ…
>と思うと、それだけで号泣しちゃいますが(涙)。
(TДT)
だからこそ、今を大切にe-267ですよね。
プルが私に会えて良かったと思ってくれてるかしら。
私はプルに会う事が出来て本当に良かったと思います。
いろいろ考えちゃう事もあるけど、今日もいちゃついてま~すe-328

| PQ | 2007/10/25 11:40 | URL | ≫ EDIT

くろ母さん♪

絆が深まって嬉しいです。
でもプルに無駄に辛い思いをさせてしまった事。
これだけは反省しきりです。。。

>守るべきものができると、人は強くなれるんですよねー。
わかる気がします!!
私が守らねば!という思いがむくむくと生まれてきましたe-271

それから、キウイにあちこち毛のカタマリをつくってしまう私。。。
毛玉チェックもしなきゃ~(笑)

| PQ | 2007/10/25 12:00 | URL | ≫ EDIT

Lotty Familyさん♪

>色々な事を分かち合ってこそ、絆って強くなるよね!
そうですね!!!!!
でも、プルに辛い経験をさせてしまった事は私のミスで責任。
これだけはずっとずっと忘れられません。
ありがとうなんて、、、
こちらこそ、読んでいただいて本当にありがとうございますv-363

| PQ | 2007/10/25 12:03 | URL | ≫ EDIT

ひなたぼっコさん♪

大きな事がなければプルと向き合えなかったのか、と思うと
相当情けないんですけどね。
ぼんやりにもほどがあります。情けない(涙)
命に対して責任を持つということ、プルのおかげで意味が分かりました。
今までは「言葉としてはわかっていた」けど、
「意味を理解出来ていなかった」ように思います。

ひなたぼっコさんも辛い経験をされてるんですね。
それを乗り越えてエマちゃん、ケーラちゃんを迎えられて。
ひなたぼっコさんは素敵な犬先輩です!!
犬先輩?言葉が変だけどご容赦をe-263

ありがとうなんて、、、そんなふうに言っていただけて嬉しいです。
こちらこそ読んでいただいて本当にありがとうございます!!

| PQ | 2007/10/25 12:09 | URL | ≫ EDIT

つゆさん♪

今までこんなに必死に情報を集めようとしたこと、ないです。
おっしゃる通り、勉強の連続。
そして豊かな生活を送らせてもらっているって思います。
心が豊かになりました。

>PQさんがプルさんに寄せる強い思い、その意味を垣間見せていただけて、なんか素直に嬉しいです。

泣けてきてしまいました。
ありがとうございます、つゆさん。
いままで、誰かの命に責任を持つなんて考えた事もなかった。
初めて考えさせてくれたのはプル。
私はとてもマイナス思考でネガティブなんですが、
プルは尻尾ブンブン振って、すりすりしてくれて、好き好き!って
いっぱいペロペロしてくれて。
私のマイナス思考なんてかる~く吹き飛ばしてくれる大切な家族です。
そうなれて幸せですv-238

センセイ、コワイデス。

| PQ | 2007/10/25 12:16 | URL | ≫ EDIT

エルマさん♪

あまり若くもないです・・・(笑)
プルは本当にたくさんの事を教えてくれます。
プルがいてくれて、プルで良かった!!

>にしてもドクターさんのお言葉・・つ、強いですね!!
はい。大人になってあんなに怒鳴られる事ってなかなかないので
びびりました(苦笑)
歯を見せた時、プルさん飛びつきかけてたんで、
はい、その通りですね、って感じだったんです。
頸動脈狙ってた!!と言われるほどでは?と思ったけど
それを言う権利は私にはありません。。。
ついでに、肛門腺を自分で絞りまくってあの液を大量に
まきちらしてました。怖かったんだと思います。
でもプルが歯を見せたのはそのとき一度きりです。
そういう行動をしてしまった、させてしまったのは私の責任。
してしまったからには何を言われても仕方ないと思います。
当然です。
二度とそんな状況にプルをおかない。そう思ってます。
可愛いだけじゃ飼えませんよね。ほんとに。

お友達さんのゴル君、頑張りましたね!5年も!
それは治っていたからなのかも、という長さですね。
ゴールデンはもっとも腫瘍になりやすい?っていわれてる犬種ですね。。

もうあんな思いは嫌です。プーキューが元気でいて欲しいです。

| PQ | 2007/10/25 12:27 | URL | ≫ EDIT

すごく辛い経験だったのですね…。
この事を一緒に乗り越えて、より関係が深まって
今のPQさま・プルさん・キウイ君があるのですね。
はるひもビビリがだんだんひどくなっているので
気をつけなければ、と思いました。
私も気をひきしめてがんばらなくては!!

動物の命への責任、はるひが来るまでは私も
深く理解はしていませんでした。
実際に一緒に暮らしてみて、初めて言葉の重さを感じました。
この子とお別れする日まで毎日大切に過ごしていこうと
今では心から思えます。

| haruhikko | 2007/10/25 22:04 | URL | ≫ EDIT

haruhikkoさん♪

遅すぎなお返事すいません!!!

プルさんも最近、びびりんぼっぷりに磨きがかかってます。
私も気を引き締めないと!
haruhiikoさんもはるひちゃんのおかげで命への責任を理解されたんですね。
私と同じですね。
私も毎日毎日、そのときまで仲良くしていこうって思います。

考えただけで・・・(涙)

| PQ | 2007/10/27 15:55 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pruq.blog114.fc2.com/tb.php/83-fb51cc73

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。